国連安保理についてのブログです

国連安保理とは何か?

国連安保理とは何か?

国連安保理とは何か?

国連安保理の戦争が起こった際の役割

国連安保理は国際連合安全保障理事会の略称であり、15の理事国から構成されています。

ここでは世界平和の維持のための話し合いが行われており、その決議に関しては重大な権力を持っています。

もちろん戦争が起こった場合にも国連安保理は関わっています。

国連加盟国では基本的に戦争や紛争は禁止されていますが、戦争を仕掛けられた場合、自衛権を発動すれば、国連安保理の許可が下りれば武力行使が許されます。

2000年代であれば、ソマリアの海賊が世界中の航海している船を紅海からアラビア海の範囲内で襲撃しており、それに対してオランダ軍の武力行使を許可しました。

このように国連安保理によって武力行使が許可される場合は本当にそれが必要な場合の手段としての身であり、基本的には平和的解決が求められます。

国連にはほとんどの国が加盟していることから、事実上取り扱う問題は国同士の間の戦争よりも地域で起こる紛争であると言うことが出来ます。