国連安保理についてのブログです

国連安保理とは何か?

国連安保理とは何か?

国連安保理とは何か?

国連安保理が行っているテロとの戦いについて

国連安保理は、国際の平和及び安全の維持を主要な目的として活動している国際機関です。

この機関は、5ヵ国の常任理事国と10ヵ国の非常任理事国とで構成されています。

日本は国連安保理の常任理事国ではありませんが、過去に10回非常任理事国を務めた実績があります。

この10回という数字は、ブラジルと並んで加盟国中最多となる数字です。

その事実からだけでも、日本がこれまでいかに国際平和の実現に尽力してきたかを推認することができます。

現在、日本はこの安保理において新たな常任理事国となるべく、諸外国の理解を深める努力を続けている最中です。

同時多発テロがアメリカで発生して以来、新たな形態のテロ行為が世界各地で発生しています。

そのような状況の中で新たに日本が常任理事国となることは、多大な責務を伴う重大な決意です。

しかし、いかなる動機による行為かに関わらず、残虐な犯罪行為以外の何ものでもないテロとの戦いは、あくまでも地球規模で取り組むべきものです。

そのような認識の元、日本は国際社会の一員として、自ら険しい道を歩むことを選ぼうとしています。

その姿勢は、諸外国から高く評価されています。

国連安保理が敢然とテロとの戦いに挑む姿勢を表明したのは、2001年に採択された安保理決議第1368号においてです。

それ以来、非合法な国際武装集団を壊滅させるための、様々な決議が採択されています。

近年では、ISに代表されるような過激武装組織の活動が大きな国際的脅威になっていますが、地球規模での協力体制を整えて、真正面から立ち向かっていく姿勢を国連安保理は明らかにしています。

国連安保理の戦争が起こった際の役割