国連安保理についてのブログです

国連安保理とは何か?

国連安保理とは何か?

国連安保理とは何か?

国連安保理における常任国と非常任国の違い

国連安全保障理事会(国連安保理)とは、国連の第一の目的である「国際の平和と安全の維持」を守るための機関です。

国連の中では、唯一安保理だけが武力行使を含む強制措置(制裁など)を加えることができます。また、その役割上、加盟国すべてが集まる総会よりも強い権限を持っています。

国連安保理の理事国には2種類あり、常任国と非常任国とがあります。

現在、常任理事国には
・アメリカ
・イギリス
・フランス
・ロシア
・中国
の5ヶ国が就いています。

大きな違いの一つとして、これらの国は、他の理事国に比べて強い権限を持っています。

国連安保理の決議においてこれらの国は「拒否権」を持っています。

拒否権とは、常任国のうちのどれか一国でもその決議で反対すると他の全理事国が賛成していても否決される権限のことです。

これは、大国の反対によって理事会決定の実効性が失われることを防ぐという趣旨がありますが、大国の利己主義を通すだけとの批判もあります。

例を挙げると、冷戦時代にソビエト連邦(現ロシア)とアメリカがたびたび拒否権を行使して国際政治の停滞と冷戦の長期化につながったという考えもあります。

また、これらの国が第二次世界大戦の情勢をそのまま引き継いでいることもあり、国連憲章改正について活発な議論がかわされています。

2つめの違いとして、任期のあるなしがあります。

非常任理事国は10国あり、国連総会で3分の2以上の支持で承認され、任期2年、5カ国ごとに改任、連続しての就任はできない、などの制限があります。

国連安保理の構成国ごとの役割